本文へスキップ

医療又は福祉の増進を図る活動 Japan Medical Welfare Council

ラドンを吸い込むとradon

8.米国 Fox Chace がんセンター Mnhan Doss 博士の講演資料

2013年11月14日、衆議院議員会館における講演より)

● 発ガン性のDNA異常の数は50〜99歳で殆ど変化がない
● しかし年齢と共に、がん死の統計は指数関数的に増加している(10倍)
● 他方、免疫機能は年齢とともに急激に劣化する
● ガンは発ガン性の細胞影響(DNAの発ガン性変異)が原因で発生するのではない。免疫機能の劣化が主因の一つである。